fbpx

初代教会の物語

初代教会の物語

「ローマ迫害」8-ヨハネの追放、弟子たちの殉教

初代教会の物語の最後の学びでは、黙示録という最後の書物を書いたヨハネはパトモスの島に追放されました。聖書の中に出てきた何人かの弟子達は、聖書が書かれた後、どのようになったかの境界歴史を見ていきます。

初代教会の物語

「ローマ迫害」7-ペテロの最後の手紙、ネロの迫害

ペテロは自分の命の終わりが近づいている事に気付いて、散らばったクリスチャンたちへ最後の手紙を送る事にしました(2ペテロ)。すぐ後、パウロとペテロはネロの迫害によって、殉教者として天に召されました。彼らだけではなく、数多く…

初代教会の物語

「ローマ迫害」6-ガラテヤ地方での問題

ローマの圧倒的な迫害がガラテヤ地方にも広まったことによって、この地域にいたクリスチャンも苦しんでいました。そのため、ローマにいたペテロは彼らのために励ましの手紙を書くことにしました。その手紙が1ペテロでした。ちょうどその…

初代教会の物語

「ローマ」7- パウロが書いたピリピ教会への手紙、ヤコブの殉教

パウロがテキコ通してコロサイの教会に手紙を送った後、エパフラから聞いたピリピの教会の状況に心を留めました。教会で悩んでいた問題、そしてどのように周りにあった誘惑と割礼派の教えに立ち向かえるかを教えました。このころ、ヤコブ…